ブログ画面 ブログ画面

BLOG

ブログ

あなたのホームページが上位表示されない理由 SEOで失敗する原因を徹底解説

SEO対策は、WEBで集客をするためにとても重要ですな施策です。もしSEO対策をしなければ、どんなに長くサイトを運営しても、WEB集客を成功させることはなかなか難しいでしょう。

しかし、どうすればSEO対策を成功させられるか分からない人も多いのではないでしょうか?

成功事例から学ぶことも大切ですが、失敗事例からも多くのヒントを得られます。

成功例には再現性があまり高くないことが多いですが、失敗例には多くの場合再現性があるからです。

今回は、SEOのよくある失敗事例を紹介します。失敗を避けて成功する確率を上げるためのヒントにしていただければと思います。

今回の記事でわかること

  • SEO対策においてやってはいけないことがわかる
  • SEO対策の成功確率を上げることができる
  • SEO対策のポイントがわかる

SEOで失敗する原因その1:ユーザーのことを想像できていない

SEOで失敗することの大きな原因の1つに、「ユーザーのことを想像できていない」というものがあります。これはもう少しわかりやすく言うと、「相手の立場に立って考えれていない」ということです。

SEOで失敗しないためには、「ユーザーファースト」の意識を持つことが大切です。

これは、サイトを訪れる人(ユーザー)を第一に考えることを意味します。ユーザーが満足する内容を提供することが、SEO対策の本質です。

ユーザーは、何か知りたいことや解決したい悩みがあって検索して情報を調べます。

だからこそ、ユーザーが満足するような情報を提供することが大切です。

例えば、花屋さんの場合、どんな場面でどんな花が喜ばれるのかを解説する記事であったり、お花の状態をできる限り長く良く保つ方法を紹介する、と言った形です。

これはぼく自身失敗経験があります。

以前はただブログで自分が書きたいことだけを書いていた時期があり、記事を作れども作れどもGoogleさんからの流入は一向に増えなかった苦い経験があります。

ユーザーが求めている情報を分かりやすく提供することを心掛けましょう。

SEOで失敗する原因その2:事前準備が足りていない

SEOで成功しないWEBサイトは、コンテンツ作成の際に事前準備が足りていないケースが非常に多くあります。

戦い方や戦う場所を間違えると勝ち目はほとんどありません。まずコンテンツを作る前に、しっかりと事前準備をすることがとても大切になります。

事前準備の具体的なポイントを7つ解説していきます。

1.コンテンツ制作の目的をはっきりさせる

まず、なぜそのコンテンツを作るのかを考えましょう。単に「ホームページのボリュームを増やすため」ではありません。目的は何ですか?例えば:

  • 自社の商品やサービスをもっと知ってもらいたい
  • 商品を買ってもらいたい
  • 問い合わせや予約を増やしたい

こうした目的をはっきりさせてから記事を書き始めることが大切です。

2. キーワードを選ぶ

記事を書く前に、どのキーワードで検索されたいかを決めましょう。キーワードとは、Googleで検索するときに入力する言葉のことです。例えば、「ダイエット サプリ 比較」のように具体的なキーワードを選ぶと良いです。

キーワード選びはSEO対策でとても重要です。適当に選んだり、全く選ばなかったりすると、コンテンツが検索結果の上位に表示されることはありません。

3. 適切なキーワードの選び方

ただキーワードを選ぶだけではなく、勝てるキーワードを選ぶことが大切です。例えば、「ダイエット」という大きなテーマだけで上位表示を狙うのは極めて困難です。

なぜならライバルが多い上に強く、闇雲に参入しても勝ち目はほぼありません。

「ダイエット サプリ 比較」のような具体的で検索されやすいキーワードを選びましょう。検索数は少なくはなりますが、その分ニッチな市場になるためライバルが少なくなり、上位表示を狙いやすくなります。

かと言ってニッチすぎるキーワードにすると検索数が少なすぎて全くみられない、ということもあります。

「ちょうどいいキーワード」を探しましょう。

どのキーワードがどれくらいの検索ニーズがあるかは、Googleキーワードプランナーで調べることができます。

4. 検索ユーザーのニーズを理解する

キーワードを選んだら、そのキーワードで検索するユーザーが何を求めているのかを考えます。

例えば、「ダイエット サプリ 比較」と検索する人は、いろいろなサプリの違いや特徴を知りたいはずです。

ユーザーが何を求めているのかを理解し、そのニーズに応えるコンテンツを作ることが大切です。

5. 競合調査を行う

選んだキーワードで実際に検索してみて、他のサイトがどんなコンテンツがあるのかを調べます。上位に表示されているサイトを参考にして、自分の記事をもっと良くするためのアイデアを得ましょう。

なお、上位10位に表示されているライバルが国の機関や、超大手企業ばかりだった場合は、かなり勝ち目は薄いので大人しく別なキーワードに変えてしまった方が得策です。

上位10位のライバルみて、勝てそうであれば他のコンテンツよりも詳しく、分かりやすく、役立つ内容を書くことを目指します。

6. コンバージョンを意識する

コンテンツを作る目的は、アクセス数を増やすことだけではありません。最終的には、商品を買ってもらったり、問い合わせをしてもらうことが目的です。

自社の商品やサービスの紹介に自然につなげたり、問い合わせボタンをわかりやすいところに設置したりすることも大切です。

露骨にやりすぎるとユーザーから嫌がられる可能性が高いため、あくまでユーザー目線でわかりやすい設計にしてあげることがポイントになります。

逆に問い合わせやサービスの紹介が全くないと、あなたのサービスに興味を持ったユーザーが買いたくても買えず、離脱するということにもなりかねません。

あくまで「ユーザーファースト」の設計が大切になります。

7. 構成案を作る(ブログ記事を作る場合)

ブログ記事を作る場合は、記事を書く前に、どのような順番で何を書くかを整理しましょう。これを「構成案」といいます。構成案を作ることで、記事が読みやすくなり、書く作業もスムーズに進みます。

構成案の作り方のポイント:

  • 大きな見出しを決める
  • 見出しの下にさらに小さな見出しを作る(階層化)
  • 見出しごとに何を書くかを簡単にメモする

SEOで失敗する原因その3:コンテンツの品質に問題がある

3つ目はコンテンツの中身になります。上述の1と2がクリアできていればこの失敗が起こる確率はぐっと低くはなります。

コンテンツを作成する際の失敗しがちなポイントについて解説していきます。

1. ユーザー第一になっていない

コンテンツを作るときに最も大切なのは、ユーザーのことを第一に考えることです。ユーザーが求めている情報を提供することが重要です。自分が伝えたいことだけを書いてしまうと、ユーザーが満足しないコンテンツになってしまいます。

例えば、ダイエットについてのブログ記事を書くなら、ユーザーがどんなダイエット情報を知りたいのかを考え、その情報を分かりやすく提供することが大切です。ユーザーのニーズを満たすことを心掛けましょう。

2. Googleのガイドラインに沿っていない

Googleは、どんな記事を高く評価するかを示す「ガイドライン」を提供しています。このガイドラインに従うことで、検索結果で上位に表示されやすくなります。ユーザーファーストの意識を持ってコンテンツをつくれば、自然とガイドラインに従った記事になります。

逆に、ユーザーを無視して適当にコンテンツを量産すると、Googleからの評価は低くなる恐れがあります。

Googleのガイドラインを守り、ユーザーにとって有益なコンテンツをつくることが大切です。

3. 選定したキーワードをうまく活用できていない

キーワードは、ホームページが検索されるための重要なポイントです。事前に選定したキーワードを、コンテンツのタイトルや見出し、本文に適切に使うことが大切です。

例えば、「SEO 失敗」というキーワードで記事を書く場合、タイトルや見出し、本文中に「SEO 失敗」という言葉を入れます。ただし、キーワードを使いすぎると、Googleから「不自然」と判断され、逆に評価が下がることもあるので注意が必要です。

キーワードは自然な形で、適度に使うことがポイントです。ユーザーにとって読みやすい記事を心掛けましょう。

SEOで失敗する原因4:分析・改善ができていない

コンテンツは一度作成したら終わりではありません。

一度コンテンツを作ったら作りっぱなしでは、仮に狙ったキーワードで上位を取れたとしても、競合の台頭やGoogleのアルゴリズムの変更などで、だんだんと順位は下がっていきます。

具体的には以下の通りです。

1. 効果測定を行っていない

SEO対策では、コンテンツをつくって終わりではありません。どれだけの人がそのコンテンツを見てくれているのか、どのくらい上位に表示されているのかなどを確認することが大切です。

例えば、「ダイエット サプリ 比較」というキーワードで記事を書いたら、その記事が検索結果で何位に表示されているのかをチェックしましょう。また、その記事を何人が読んでくれたのかも確認します。

効果測定を行うことで、記事のどこを改善すればよいのかが分かります。これをしないと、何が悪かったのか分からず、次の記事でも同じ失敗をしてしまいます。

効果測定には「サーチコンソール」や「Googleアナリティクス」といったツールを使うと便利です。これらのツールを使うと、簡単に順位やアクセス数を確認できます。

2. リライトをしない

一度つくったコンテンツをそのままにしておくのではなく、必要に応じてリライト(書き直し)をすることが大切です。リライトをすることで、コンテンツの質を上げることができ、検索結果での順位も上がる可能性があります。

まず、コンテンツをつくったら効果測定を行います。期待した結果が出なかった場合は、どこが悪かったのかを分析して、リライトします。

そして、リライトしたコンテンツを再度効果測定します。このサイクルを繰り返すことで、コンテンツの質がどんどん良くなります。

リライトをすることで、最新の情報に更新され、ユーザーにとっても有益な情報を提供できます。Googleも更新頻度の高いサイトを評価するので、リライトはSEO対策にとってとても重要です。

SEOで失敗する原因5:サイトそのものに原因がある

ここまではコンテンツ作成の事前準備から実際の作成まで、コンテンツ作成に主に焦点を当ててきましたが、そもそもホームページ本体に原因がある場合もあります。

具体的には以下のようなポイントになります。

1. 内部SEOがきちんとできていない

内部SEOとは、Webサイトの内部構造について実施するSEOです。

主要な施策には、タイトルや見出しなどのタグ、メタディスクリプションやalt属性の設定、Googleが推奨するソースコードの構成などがあります。

内部SEOのポイント:

  1. タイトルタグとメタディスクリプションタグ
    • タイトルタグ:記事のタイトルを設定するタグです。検索結果に表示されるので、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルをつけることが重要です。
    • メタディスクリプションタグ:記事の内容を簡単に説明するタグです。これも検索結果に表示されるため、内容を分かりやすく、魅力的に書くことが大切です。

  2. hタグ(見出しタグ)
    • 記事の見出しには、h1、h2、h3などのタグを使います。これにより、記事の構造が分かりやすくなり、Googleも内容を理解しやすくなります。
    • h1タグは記事のタイトルに、h2タグは大見出しに、h3タグは小見出しに使います。

  3. モバイルフレンドリー
    • スマホでも見やすいサイトにすることが重要です。これを「モバイルフレンドリー」といいます。
    • 文字が小さすぎないか、ボタンが押しやすいか、スマホで表示したときにレイアウトが崩れていないかを確認しましょう。

  4. パンくずリスト
    • ユーザーがサイト内でどこにいるかを分かりやすくするためのナビゲーションです。
    • パンくずリストを設置することで、サイト全体の構造が分かりやすくなり、Googleからの評価も上がります。

  5. ページの読み込み速度
    • ページの読み込みが遅いと、ユーザーが離れてしまい、Googleの評価も下がります。
    • 画像のサイズを最適化したり、不要なスクリプトを削除したりして、ページの読み込み速度を速くする工夫をしましょう。

  6. 内部リンクの最適化
    • 記事同士をリンクでつなぐことで、ユーザーがサイト内を回遊しやすくなります。
    • 内部リンクは、関連する記事同士をリンクすることで、ユーザーの利便性を高め、Googleからの評価も上がります。

2. 良質な被リンクが獲得できていない

被リンクとは、他のサイトから自分のサイトへのリンクのことです。被リンクが多いと、他のサイトからも評価されているとみなされ、Googleからの評価も上がります。しかし、質の低い被リンクや買ったリンクは逆効果です。

健全な被リンクを獲得する方法:

  • 質の高い記事を書く
  • SNSで記事を紹介する
  • 他のサイトで記事を紹介してもらう

質の高い記事をSNSで紹介し、シェアしてもらうことで自然な被リンクが増えます。大事なのは、読者にとって有益な情報を提供することです。

まとめ

  1. コンテンツ作成前にしっかり事前準備をする
    • キーワード選定やユーザーニーズの理解、競合調査を入念に行います。

  2. とにかく「ユーザーファースト」なコンテンツを制作する
    • ユーザーにとって分かりやすく、有益な情報を提供することを心掛けます。

  3. 効果測定を行い、改善を繰り返す
    • コンテンツの効果を測定し、必要に応じてリライトしていきます。

SEO対策は、すぐに成果が出るものではありません。長い目で見て、コツコツと続けることが大切です。最初は成果が見えなくても、続けることで徐々にアクセスが増え、サイトの評価が上がっていきます。

忍耐力は必要ですが、結果がでれば中長期にわたってコンテンツたちが集客をし続けてくれるようになります。

焦らず地道に頑張っていきましょう。

それではまた!

CONTACT

お問い合わせ

制作のご相談・お見積り(無料)を受け付けています。

何をどうしたらよいかわからない、など初期のご相談でももちろん大丈夫です。
お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。