ブログ画面 ブログ画面

BLOG

ブログ

【優しく解説】今更聞けない!WebマーケティングとSEOって何が違うの?

巷でWebに関する集客の情報を見てみると、WebマーケティングやらSEOという言葉が至る所にでてきます。

単語は聞いたことあるし、なんとなく意味もわかるけど、いったいこのWebマーケティングとSEOって何が違うの?と感じられてる方向けの情報になります。

Webに関してよくわからない!という初心者の方向けの内容となっております。

両者の違いを知り、自社ではどう生かしていくのか、丁寧に解説いたします。ぜひ最後までご一読ください。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Webサイトへ訪問してもらう集客活動、商品やサービスの販売・ブランディング等、Webを使ったマーケティング活動全般を指します。

例えば、自社のホームページを運営してるケースで考えてみます。

ホームページにブログ機能をつけ、記事を更新してSEO対策をする。
また、そのブログをGoogle広告などWeb広告や、Twitter、FacebookなどのSNSで宣伝する。
すると、自社商品と関連性がある検索ユーザーやSNSユーザーをブログに引き込んで、自社の存在を認知させたり、自社商品の購入やブランディングにつなげることができるようになります。

こういった、Web上でのマーケティング活動をWebマーケティングと呼んでいます。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と呼ばれます。

簡単に言うとWebサイトをGoogleで上位表示させるための施策、というものになります。

当然検索結果の順位が高いほどユーザーのクリック率は高く、サイトへの流入数も多くなるため、いかに上位表示を狙えるかどうかがポイントになります。

特に狙ったキーワードで検索結果の1ページ目に表示をできるかどうかが重要になります。

一般的には、検索エンジン利用者のおよそ80%は検索結果の1ページ目まで、残り20%が2~3ページ目まで閲覧するといわれています。

現在は検索エンジンだけがWebサイトの流入元ではなくなってはいますが、まだまだ検索エンジンの力はかなり強いです。つまり、自社サイトの集客アップには、SEO対策は必須と言えます。

日本で検索エンジンのシェア率の大部分を占めるのはGoogleです。
そのため、SEO対策はいかにGoogleの検索で上位表示をさせるか、がポイントになります。

なお、2011年からYahoo!はGoogleの「検索エンジン」と「検索連動型配信システム」を採用しており、GoogleでSEO対策を取っていれば、Yahoo!でも検索順位はほぼ同じものになります。

ただし、あくまでも「検索技術を利用」しているだけであって、検索結果が全て同じになるという訳ではありませんのでご注意ください。

Webマーケティングで行うこと

両者の説明をしたとことろで、次にWebマーケティングは実際どんなことを行うのか、もう少し具体的に掘り下げていきます。

Webマーケティングで行うことは主に下記の3つになります。

  • 集客活動
  • アクセス解析
  • リピーター獲得

集客活動

Webマーケティングでは、1つの基本命題として自社のWebサイトにアクセスしてもらう「集客」が挙げられます。

集客の代表的な施策として、SEOとWeb広告、SNSの3つがあります。

ホームページを作成する際のSEO対策のポイントや、Web広告(リスティング広告)の始め方ついては、過去に解説をしておりますので、ご興味のある方はこちらをご参照ください。

SNSを活用した集客方法に関しては、また別途解説をしていきたいと思います。

https://sileo-create.com/2022/03/10/blog-20220312
https://sileo-create.com/2022/12/15/blog-2022-1215

アクセス解析

Webサイトのアクセス解析を行い、現状を分析し、改善策を出して実行していく活動になります。

  • どんなキーワードで検索されているか
  • どこから自社サイトに流入してきているか
  • どんなページがよく見られているか、逆にどのページがあまり見られていないか
  • どのページでサイトから離脱されているか等、

様々な角度からユーザーの行動分析を行います。

Webサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐには、ユーザーが最初にアクセスしたページ(ランディングページ)を最適化することが効果的だといわれています。

リピーター獲得

繰り返し商品やサービスを購入してくれるリピーターの確保もWebマーケティングの活動の一つになります。

リピーター獲得には、「メールマガシンの配信」と「SNS」の2つの代表的な施策があります。

メルマガの配信部数や配信回数は少ないとあまり効果がありません。

ただ配信をするだけでなく、

  • メルマガの登録者数を増やすにはどうするか
  • メルマガの購読率を上げるにはどうするか
  • メルマガの信頼度を上げるにはどうするか
  • メルマガの解除率を下げるにはどうするか等、

様々なことに注意を払いながらユーザーとの関係づくりの構築を行なっていきます。

メルマガ以外にも活用できる媒体に、SNSがあります。現代では言うまでもなく、SNSの活用もマーケティングにとって重要です。

SNSは、以下のような戦略で運用します。

  • 目的とコンセプトを決める
  • 同業他社の活用方法を参考にする
  • ターゲットを決める
  • 発信するコンテンツの方向性を決める
  • 発信を地道に続け、分析・改善を繰り返す等、

SNSをうまく活用できればファンを増やすができます。

違いのポイント

WebマーケティングとSEOについてそれぞれ説明をさせていただきました。

上記の説明をお読みいただくとわかる通り、SEO対策とはあくまでWebマーケティングの一部というものにになります。

GoogleやYahoo!に上位表示をさせることだけがWeb上での集客の方法ではありません。

SNSに力を入れたり、Web広告を出したり、様々な手法があります。ですが当然どの手法も一長一短があります。

実際にこれらの手法全てを自社で行うことは、人的リソースが少ない個人事業主や中小企業が行うことはあまり現実的ではありません。

自社で取り組めること、外部に委託することは分けつつ、様々な角度からアプローチをかけていくことが大切です。

なぜなら、Webの世界は日進月歩で変化しており、昨日まで集客できていたWebサイトがある日急にアクセス数が落ちるということはよくある話です。

一つの手法だけにとらわれず、リスク分散のためにも、様々な角度からWebマーケティングに取り組んでいきましょう。

まとめ

今回はWebマーケティングとSEOの違いについて解説をいたしました。

Webでの集客活動というと、SEO対策に偏りがちですが、実際には多くの手法があり、それらをうまく組み合わせていくことが大切になります。

全てを自社内で行うことはある程度人がいる企業でないと難しく、多くの企業の場合は人手が足りなかったり、専門知識ががある人材がいない、というのが現実だと思います。

全て外部に丸投げをするとぼったくりに遭う危険性が高くなりますので、自社でできること、外部に委託した方がいいことは予めピックアップしておき、自分たちではまかなえない部分は外部のプロに委託をしていきましょう。

それではまた!

CONTACT

お問い合わせ

制作のご相談・お見積り(無料)を受け付けています。

何をどうしたらよいかわからない、など初期のご相談でももちろん大丈夫です。
お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。